2021年11月16日

補聴器 耳の型から補聴器を作る 矢板駅から徒歩10分 ジュエリきくち

こんにちは(^^)
朝晩寒いですね。
風邪をひかないよう、温かくお過ごしくださいね。

さて、「耳に合わせて補聴器を作る」というのは2つ意味があります。
1つは、耳の聞こえに合わせて補聴器から出す音を調整すること。
もう1つは、耳の型に合わせて補聴器を作ること。です。

今回ご紹介するのは、後者の耳の型に合わせて補聴器を作ること。です。
耳の型って?どんなもの?って思いますよね。

下の写真です。
耳型.JPG
初めて見た時、緑なの?って思いました。
ちなみに、上の方のピンクの部分が耳の奥(内側)です。
下の平たい部分が外側(耳たぶ側)です。
上の写真の耳の型をもとに、補聴器の形を作ります。

補聴器.JPG
上の写真のように補聴器はお肌の色が多いですね。
昔はスケルトンの青やピンク(赤)などもありました。
これから、3Dプリンターが更に普及すれば、いろいろな模様の補聴器ができるかもしれません。そうなることで、もっと補聴器が身近に感じられるといいなと思います。

認定補聴器技能者がお店にいます。
聞こえのご相談はお気軽に。

お問合せ
ジュエリきくち
電話0287-43-1347
営業時間10:00〜18:30
木曜日定休
ホームページ http://www.j-kikuchi.jp
posted by ジュエリ きくち at 10:00| 補聴器